宝くじ高額当選 小説

宝くじやスポーツくじに高額当選した後は、どのような気持ちになるんだろう。

どんな行動をとるのだろう。

宝くじ 小説

そんな疑問に答えてくれる、宝くじで高額当選した主人公が登場する小説をまとめてみました。

 

宝くじ 小説

書店などで購入できる、宝くじ高額当選者が主人公の小説です。

 

億男

著者:川村元気 出版社:マガジンハウス

宝くじ 小説

【内容】

「お金と幸せの答えを教えてあげよう」

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。

浮かれる間もなく不安に襲われた一男は「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。

だがその直後、九十九が失踪した―――。

ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ……

数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。

人間にとってお金とは何か?

「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?

九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

出典 Amazon.co.jp: 億男: 川村 元気: 本

 

身の上話

著者:佐藤正午 出版社:光文社

宝くじ 小説

【内容】

地方都市で書店に勤める古川ミチルは、 月に一回出張でやってくる出版社の販売部員を見送るつもりが ちょっとしたことから東京まで一緒に行ってしまった。

彼女は職場の先輩たちに頼まれて購入した宝くじを持っている。

23歳の今まで特筆することのない人生を送ってきた彼女だったが、 普通には滅多に起こりえない出来事の 渦中へと巻き込まれていった…。

出典 Amazon.co.jp: 身の上話 (光文社文庫): 佐藤 正午: 本

 

宝くじが当たったら

著者:安藤祐介 出版社:講談社

宝くじ 小説

【内容】

新堂修一(32歳・独身)は、食品会社の経理課に勤める、いたって普通のサラリーマンだった。

大晦日の夜、一人自宅で宝くじの当せん番号を確認すると…2億円が当たっていた。

人には言えない。新年を迎え、何食わぬ顔で出社し、銀行に行ってくじ券を渡すと、奥の部屋に通された。「200,000,000送金」。

その日から、新堂修一の人生は激変する。

実家のリフォーム、寄付金の電話、同級生との再会、昔の彼女と新しい猫…幸運の波に乗り切ることができるのか?笑って泣いて、それでも人しか愛せない!ノンストップ“億万長者”エンターテインメント。

出典 Amazon.co.jp: 宝くじが当たったら: 安藤 祐介: 本

 

宝くじ小説まとめ

夢の宝くじ高額当選。

高額当選者の苦労や悩みなど色々あると思いますが、いつかは主人公になってみたいですね。

金運アップの方法はこちらから


スポンサーリンク